コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際仲裁裁判 こくさいちゅうさいさいばんinternational arbitration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際仲裁裁判
こくさいちゅうさいさいばん
international arbitration

広義には国際裁判意義にも用いられるが,狭義には国際裁判の一種で,紛争当事国コンプロミーによって,事件の都度選ばれる裁判官が行う個別的な仲裁裁判と,1899年の「国際紛争平和的処理条約」によって設置された常設仲裁裁判所による裁判とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

国際仲裁裁判【こくさいちゅうさいさいばん】

国際裁判の一様式で,国際司法裁判に対比していう。古くは国際裁判がすべてこの方式によっており,現在でも広義には国際裁判そのものをさす。裁判官は事件ごとに当事者(原則として国家)の合意によって選ばれ,裁判基準も厳格な法に限らず〈衡平と善〉の概念や政治的判断による場合も多い。
→関連項目国際司法裁判常設仲裁裁判所仲裁

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

国際仲裁裁判の関連キーワードルノー(Louis Renault)エストゥールネル・ド・コンスタンエチオピア・エリトリア国境紛争エチオピア・エリトリア紛争カール ヒルティA.T. マハンエリフ ルートアラバマ号事件国際仲裁裁判所国際商事仲裁永代借地権古垣 鉄郎国籍裁判官ヒルティコブデン富井政章デニスンスズキアセルハーグ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際仲裁裁判の関連情報