コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際仲裁裁判 こくさいちゅうさいさいばんinternational arbitration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際仲裁裁判
こくさいちゅうさいさいばん
international arbitration

広義には国際裁判意義にも用いられるが,狭義には国際裁判の一種で,紛争当事国コンプロミーによって,事件の都度選ばれる裁判官が行う個別的な仲裁裁判と,1899年の「国際紛争平和的処理条約」によって設置された常設仲裁裁判所による裁判とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

国際仲裁裁判【こくさいちゅうさいさいばん】

国際裁判の一様式で,国際司法裁判に対比していう。古くは国際裁判がすべてこの方式によっており,現在でも広義には国際裁判そのものをさす。裁判官は事件ごとに当事者(原則として国家)の合意によって選ばれ,裁判基準も厳格な法に限らず〈衡平と善〉の概念や政治的判断による場合も多い。司法裁判に比べて法的厳格さを欠く反面,柔軟性に富む。
→関連項目国際司法裁判常設仲裁裁判所仲裁

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際仲裁裁判の関連情報