園山酉山(読み)そのやま ゆうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

園山酉山 そのやま-ゆうざん

1753-1821 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦3年3月生まれ。出雲(いずも)松江藩の藩校明教館で桃白鹿(もも-はくろく)に,江戸で宇佐美灊水(しんすい)にまなぶ。のち藩主の世継ぎ松平斉恒の侍講,明教館教授となった。文政4年4月22日死去。69歳。本姓は加藤。名は雄。字(あざな)は叔飛。通称は勇三郎。別号に文恭。著作に「易学略説」「淮南子(えなんじ)考」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android