宇佐美灊水(読み)うさみ しんすい

  • うさみしんすい
  • 宇佐美灊水 (うさみしんすい)
  • 宇佐美灊水 うさみ-しんすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1710-1776 江戸時代中期の儒者。
宝永7年1月23日生まれ。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の晩年弟子。寛延元年出雲(いずも)松江藩につかえる。師の遺著校訂,刊行に力をつくした。安永5年8月9日死去。67歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。名は恵。字(あざな)は子迪(してき)。通称は恵助。著作に「弁道考注」「論語徴考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1710‐76(宝永7‐安永5)
江戸中期の儒者。名は恵,通称は恵助,字は子迪,灊水は号。上総国夷隅郡の農商兼業の豪家の出身。17歳のとき江戸に出て荻生徂徠に入門,師の没後も蘐園塾(けんえんじゆく)にとどまって古文辞学を学ぶ。一度帰郷したのち再び江戸に出,芝の三島で開塾。晩年,松江藩に出仕。学風は徂徠の経学を忠実に継承する。著書に《弁道考注》《弁名考註》《論語徴考》《学則考》など。【三宅 正彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1710年1月23日
江戸時代中期の儒者
1776年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸中期の古文辞学派の儒者。上総の人。名は恵。通称恵助。荻生徂徠に学び、「四家雋」「南留別志」等、徂徠の遺著を刊行。松江藩の儒臣。主著「弁道考註」「絶句解考証」。宝永七~安永五年(一七一〇‐七六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android