土井利則(読み)どい としのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「土井利則」の解説

土井利則 どい-としのり

1831-1891 幕末大名
天保(てんぽう)2年9月17日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)久居(ひさい)主藤堂高秭(たかかず)の次男土井利亨(としなり)の養子となり,嘉永(かえい)元年下総(しもうさ)古河(こが)藩(茨城県)藩主土井家第2次6代。教武所を創設して武道奨励,洋式砲術を導入した。明治24年8月27日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android