コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土井利則 どい としのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土井利則 どい-としのり

1831-1891 幕末の大名。
天保(てんぽう)2年9月17日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)久居(ひさい)藩主藤堂高秭(たかかず)の次男。土井利亨(としなり)の養子となり,嘉永(かえい)元年下総(しもうさ)古河(こが)藩(茨城県)藩主土井家第2次6代。教武所を創設して武道を奨励,洋式砲術を導入した。明治24年8月27日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土井利則の関連キーワード土井 利与土井利与

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android