コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土佐光時 とさ みつとき

美術人名辞典の解説

土佐光時

江戸後期の土佐派の画家。字は子中幼名は長松丸、南澗と号する。光淳の男。従四位下に叙せられ、左近将監・伯耆守となる。父の業を嗣いで朝廷の絵師となり、大嘗会悠紀主基の屏風、諸殿の障子を画く。文政2年(1819)歿、56才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土佐光時 とさ-みつとき

1764-1819 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦14年5月11日生まれ。土佐光淳(みつあつ)の子。父の跡をついで絵所預(えどころあずかり)となる。寛政2年内裏造営の際,円山応挙,岸駒(がんく),叔父(おじ)土佐光貞(みつさだ)らとともに障壁画の制作にあたった。号は南澗(淵)。文政2年8月17日死去。56歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土佐光時の関連キーワード土佐光禄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android