コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土倉方一衆 どそうかたいっしゅう

1件 の用語解説(土倉方一衆の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どそうかたいっしゅう【土倉方一衆】

室町時代,洛中洛外の土倉で幕府の保護統制下にあり,土倉役と称する課役を負担したもの。14世紀初頭の京都にはすでに300余軒の土倉があったとされるが,その8割方は山門(延暦寺)の被官であった。彼らを酒屋とともに幕府の一元的支配下においたのは1393年(明徳4)のことで,このとき山門をはじめとする権門勢家の既得権はすべて否定された。しかし幕府には個々の土倉を掌握するだけの準備があったわけではなく,既存の体制の上に乗って支配を強めていくよりほかなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土倉方一衆の関連キーワード有徳銭倉役天文法華の乱当道土倉洛中洛中洛外図納銭方洛外倉方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone