コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納銭方 ノウセンカタ

世界大百科事典 第2版の解説

のうせんかた【納銭方】

室町幕府がその支配下にある酒屋土倉(どそう)より役銭を徴収するために設けた機関。室町幕府が洛中洛外の酒屋・土倉を一元的に支配するようになったのは1393年(明徳4)と考えられている。それまでの酒屋・土倉は,山門(延暦寺)をはじめとする寺社や貴族に,有力酒屋・土倉に率いられたグループとして掌握されていたものと思われる。幕府が支配権を得たといっても個々の酒屋・土倉を直接統治できる機構があったはずもなく,既存の体制を温存しつつ支配力を強めていくほか方法はなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のうせんかた【納銭方】

室町幕府の職名。土倉役・酒屋役の徴収を請け負ったもの。酒屋・土倉などの有力者があたった。納銭方一衆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

納銭方
のうせんがた

室町幕府の財政官庁である政所(まんどころ)の被官で、徴税請負の機能をもつ民間の集団。室町幕府は、鎌倉時代に延暦(えんりゃく)寺が保有していた洛中(らくちゅう)の土倉(どそう)・酒屋に対する徴税権を1393年(明徳4)に没収、この措置に伴い土倉・酒屋の有力者を選んで倉役・酒屋役納入のための請負集団を組織した。これには、将軍家家産の管理にあたった正実坊(しょうじつぼう)、定光坊(じょうこうぼう)など坊号をもつ法体(ほったい)の有力土倉たる公方御倉(くぼうみくら)のなかから任命された者が多かったが、のちには沢村(さわむら)、野洲井(やすい)など俗人の酒屋が加わった。ここからの収入は幕府政所の要脚(費用)に充当された。[今谷 明]
『桑山浩然「室町幕府経済機構の一考察――納銭方・公方御倉の機能と成立」(『史学雑誌』73編9号所収・1964・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

納銭方の関連キーワード公方御料所公方御倉折紙方正実坊

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android