コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土入れ ツチイレ

デジタル大辞泉の解説

つち‐いれ【土入れ】

生育中の麦や陸稲(りくとう)などの根元に、土をふるいこむこと。霜害やむだな生長を防ぐために行う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

土入れ【つちいれ】

畝(うね)の間の土を,麦の株の中にふるい入れる作業。普通,秋〜翌春に数回行う。生育初期の土入れは,霜柱による凍上防止,分げつ促進,中期には株間を開いて日当りや通風をよくし,後期には倒伏防止の効果があるが,最近は以前ほど行われなくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

つちいれ【土入れ】

麦・陸稲などの栽培で、生育の初期から中期に霜害を防ぎ徒長を抑えるため、土を株の中にふるいこむこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土入れ
つちいれ

ムギ類の栽培で、うね間の土を株の上から振りかけて、根元に土を入れる作業。生育初期から穂ばらみ期まで数回行われ、初期の土入れは分げつ芽の保護、後期のは無効分げつの抑制や、冬の間霜柱などによる根の浮き上がりと、早春の乾風による表土の飛散によって露出した株元を土で覆い、さらに倒伏防止を図るなどの役割をもつ。日本のムギ作の独特の作業で、大正時代から普及したが、現在は省力化を図るために、あまり行われなくなった。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土入れの関連情報