コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土入れ ツチイレ

4件 の用語解説(土入れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つち‐いれ【土入れ】

生育中の麦や陸稲(りくとう)などの根元に、土をふるいこむこと。霜害やむだな生長を防ぐために行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

土入れ【つちいれ】

畝(うね)の間の土を,麦の株の中にふるい入れる作業。普通,秋〜翌春に数回行う。生育初期の土入れは,霜柱による凍上防止,分げつ促進,中期には株間を開いて日当りや通風をよくし,後期には倒伏防止の効果があるが,最近は以前ほど行われなくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

つちいれ【土入れ】

麦・陸稲などの栽培で、生育の初期から中期に霜害を防ぎ徒長を抑えるため、土を株の中にふるいこむこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土入れ
つちいれ

ムギ類の栽培で、うね間の土を株の上から振りかけて、根元に土を入れる作業。生育初期から穂ばらみ期まで数回行われ、初期の土入れは分げつ芽の保護、後期のは無効分げつの抑制や、冬の間霜柱などによる根の浮き上がりと、早春の乾風による表土の飛散によって露出した株元を土で覆い、さらに倒伏防止を図るなどの役割をもつ。日本のムギ作の独特の作業で、大正時代から普及したが、現在は省力化を図るために、あまり行われなくなった。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土入れの関連キーワード畝・畦うねうねさくさく立て土篩土寄せ世に旧る耡う類に触る

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土入れの関連情報