土地子(読み)どちこ

  • とちっこ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 農村の侠客を市内のそれと区別していう称。また、その土地に住みつき遊里や盛り場などをぶらつくならず者。地まわり。
※雑俳・腕くらべ(1826)「命に替えて・犬のもの喰ふどちこ猫」
② 侠客・無頼漢などの用語。文無し。素寒貧(すかんぴん)
※歌舞伎・姉妹達大礎(1795)口明返し「何か此比(このごろ)の不幸福(ふしあはせ)、ほんどちこでえすぢゃ」
〘名〙 その土地で生まれ、育った人。
※歌舞伎・当龝八幡祭(1810)二幕「鷲の森の長吉といふ、三谷堀の土地(トチ)っ子(コ)だワ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土地子の関連情報