コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土居通重 どい みちしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土居通重 どい-みちしげ

?-1339 南北朝時代の武将。
伊予(いよ)(愛媛県)の豪族土居通増(みちます)の子。父の死後,一族をひきい忽那義範(くつな-よしのり)らとともに北朝軍とたたかうが,暦応(りゃくおう)2=延元4年7月7日周防(すおう)(山口県)家室(かむろ)の合戦で戦死したという。「太平記」では名を通郷(みちさと)とする。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土居通重の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android