コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋善四郎(初代) つちや ぜんしろう

2件 の用語解説(土屋善四郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋善四郎(初代) つちや-ぜんしろう

?-1786 江戸時代中期の陶工。
代々出雲(いずも)松江横浜の土器師(かわらけし)。宝暦6年松江藩の命をうけ楽山焼の焼物師となる。安永9年布志名(ふじな)村にうつり,焼物御用教方などをつとめた。布志名焼土屋窯の祖。天明6年1月12日死去。名は芳方。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土屋善四郎(初代)

没年:天明6.1(1786)
生年:生年不詳
江戸中期の出雲国(島根県)布志名焼の陶工。名は芳方。土屋家は信州(長野県)松本の出身と伝えられ,父は松江横浜町で土器職を営んだ土器屋善右衛門。宝暦6(1756)年,6代松江藩主松平宗衍の命により,楽山焼を再興すべく御立山(楽山)焼物師となる。安永9(1780)年,7代藩主松平治郷(不昧)が布志名焼の陶工に御好物を命じたが不首尾のため,初代善四郎が楽山から布志名村へ移り,布志名焼の焼物御用教方を勤めた。楽山焼,布志名焼をあわせて出雲焼と称するが,初代善四郎は出雲焼の中興の祖といえよう。その子2代善四郎政芳も江戸大崎の別邸,三の丸御殿,楽山,玉造などで御庭焼に従事し,不昧より「雲善」の号と瓢形印を賞賜し,以後,布志名焼土屋窯では代々この印を用いている。

(伊藤嘉章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土屋善四郎(初代)の関連キーワード布志名焼沢嘉介沢藤右衛門土屋善四郎(3代)長岡住右衛門(初代)長岡住右衛門(2代)永原与蔵(初代)永原与蔵(2代)船木与次兵衛松崎仙石

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone