コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋善四郎(初代) つちや ぜんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋善四郎(初代) つちや-ぜんしろう

?-1786 江戸時代中期の陶工。
代々出雲(いずも)松江横浜の土器師(かわらけし)。宝暦6年松江藩の命をうけ楽山焼の焼物師となる。安永9年布志名(ふじな)村にうつり,焼物御用教方などをつとめた。布志名焼土屋窯の祖。天明6年1月12日死去。名は芳方。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

土屋善四郎(初代)

没年:天明6.1(1786)
生年:生年不詳
江戸中期の出雲国(島根県)布志名焼の陶工。名は芳方。土屋家は信州(長野県)松本の出身と伝えられ,父は松江横浜町で土器職を営んだ土器屋善右衛門。宝暦6(1756)年,6代松江藩主松平宗衍の命により,楽山焼を再興すべく御立山(楽山)焼物師となる。安永9(1780)年,7代藩主松平治郷(不昧)が布志名焼の陶工に御好物を命じたが不首尾のため,初代善四郎が楽山から布志名村へ移り,布志名焼の焼物御用教方を勤めた。楽山焼,布志名焼をあわせて出雲焼と称するが,初代善四郎は出雲焼の中興の祖といえよう。その子2代善四郎政芳も江戸大崎の別邸,三の丸御殿,楽山,玉造などで御庭焼に従事し,不昧より「雲善」の号と瓢形印を賞賜し,以後,布志名焼土屋窯では代々この印を用いている。

(伊藤嘉章)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

土屋善四郎(初代)の関連キーワード長岡住右衛門(2代)松崎仙石

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android