コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋林紅 つちや りんこう

美術人名辞典の解説

土屋林紅

江戸中期の俳人越中生。誓立寺住職土屋秀的の弟。通称は土屋是三、号は今宵庵。浪化侍者。絶えず浪化の旅に伴随し、浪化が芭蕉に対面する際にも同席していた。作品は『有磯海』『芭門名家句集』に集成されている。宝暦2年(1752)歿、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋林紅 つちや-りんこう

1680-1752 江戸時代中期の俳人。
延宝8年生まれ。越中(富山県)井波瑞泉寺の住職浪化(ろうか)の侍者。浪化とともに松尾芭蕉(ばしょう)に対面した。作品は「有磯海(ありそうみ)」「となみ山」にはいっている。宝暦2年7月26日死去。73歳。越中出身。名は是三。別号に今宵庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android