コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋林紅 つちや りんこう

2件 の用語解説(土屋林紅の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

土屋林紅

江戸中期の俳人。越中生。誓立寺住職土屋秀的の弟。通称は土屋是三、号は今宵庵。浪化の侍者。絶えず浪化の旅に伴随し、浪化が芭蕉に対面する際にも同席していた。作品は『有磯海』『芭門名家句集』に集成されている。宝暦2年(1752)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋林紅 つちや-りんこう

1680-1752 江戸時代中期の俳人。
延宝8年生まれ。越中(富山県)井波の瑞泉寺の住職浪化(ろうか)の侍者。浪化とともに松尾芭蕉(ばしょう)に対面した。作品は「有磯海(ありそうみ)」「となみ山」にはいっている。宝暦2年7月26日死去。73歳。越中出身。名は是三。別号に今宵庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

土屋林紅の関連キーワード羅城鶏冠笠井魚路原元傘車蝶左坊樗雲貞佐(1)里風帒一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone