コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浪化 ろうか

2件 の用語解説(浪化の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浪化 ろうか

1672*-1703 江戸時代前期の俳人。
寛文11年12月17日生まれ。琢如(たくにょ)の子。越中(富山県)井波の瑞泉寺住職。北村季吟(きぎん)の門にまなび,向井去来の紹介で松尾芭蕉(ばしょう)に入門。越中俳壇の中心として蕉風をひろめた。元禄(げんろく)16年10月9日死去。33歳。京都出身。法名は常照,晴寛。句集に「有磯海」「となみ山」。
【格言など】永き日や太鼓のうらの虻(あぶ)の音(「浪化上人発句集」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

浪化

没年:元禄16.10.9(1703.11.17)
生年:寛文11.12.17(1672.1.16)
江戸前・中期の僧,俳人。東本願寺14世琢如の第15子。諱を晴研,晴寛,法名を常照。延宝5(1677)年,得度し越中国井波別院瑞泉寺(富山県東砺波郡井波町)に入寺する。元禄3(1690)年,応真院と号する。俳人の向井去来の紹介により京都嵯峨野の落柿舎において松尾芭蕉の門下に入り俳諧を学ぶ。俳諧においては浪化,応々山,休々山人,自遣堂などと号する。<著作>『有磯海』『浪化上人発句集』

(岡村喜史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

浪化の関連キーワードオランダ戦争龍野城スカルラッティ武林唯七浪化大高源吾呉師虔大高源吾大高源吾小野寺十内

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浪化の関連情報