コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有磯海 ありそうみ

3件 の用語解説(有磯海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有磯海
ありそうみ

「ありそのうみ」ともいう。富山湾の西部,高岡市の雨晴海岸から氷見市にかけての沿海。古くは富山湾一帯の名称でもあった。能登半島国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ありそうみ【有磯海】

富山県高岡市伏木から氷見(ひみ)市までの海岸の古称。また、富山湾のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有磯海
ありそうみ

富山湾の西部、富山県高岡市伏木(ふしき)から氷見(ひみ)市にかけての海域の古名。風光明媚(めいび)な海岸で、越中(えっちゅう)(富山県)の国司として伏木に居住した大伴家持(おおとものやかもち)が『万葉集』巻17に「かからむとかねて知りせば越(こし)の海の荒磯の波も見せましものを」と詠み、後世これが地名と解釈され、歌枕(うたまくら)となった。また芭蕉(ばしょう)の『奥の細道』にも有磯海の句が残されている。海域は、富山湾東部が海岸より急に深くなるのに比して、大陸棚が広く発達している。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有磯海の関連キーワード氷見荒磯海西部富山海老一雨ありそう深海長谷富山県射水市有磯富山県富山市稲荷園町富山県滑川市富山深海長谷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

有磯海の関連情報