コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼徳 とき よりのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼徳 とき-よりのり

1843-1911 明治時代の軍人。
天保(てんぽう)14年9月15日生まれ。名古屋の麻生頼三郎,京都の広瀬元恭,江戸の坪井信良にまなび,ついで幕府の医学所にはいる。明治7年陸軍軍医となり,西南戦争,日清戦争に従軍。28年軍医総監。明治44年5月12日死去。69歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。姓はもと高井。初名は孝太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土岐頼徳の関連キーワード牧野省三ライト桂太郎内閣ランデールアメリカ合衆国史(年表)桂文治(6代)フェリス(父子)岩石区エクソンモービル河上肇

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android