コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪井信良 つぼい しんりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坪井信良 つぼい-しんりょう

1825-1904 幕末-明治時代の蘭方医。
文政8年8月28日生まれ。小石元瑞(げんずい),坪井信道,緒方洪庵にまなび,信道の養子となる。嘉永(かえい)6年越前(えちぜん)福井藩主の侍医,安政5年幕府奥医師。維新後は東京府病院長をつとめた。明治37年11月9日死去。80歳。越中(富山県)出身。本姓は佐渡。名は良益。号は柊里,初白。訳書に「新薬百品考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

坪井信良

没年:明治37.11.9(1904)
生年:文政6.8.28(1823.10.2)
幕末明治期の蘭方医。越中国(富山県)高岡生まれ。佐渡養順の次男。幼名は末三郎,字は良益,のちに信良,号は柊里,初白。天保11(1840)年京都の小石元瑞に,のち江戸で坪井信道,大坂で緒方洪庵に医学を学んだ。弘化1(1844)年9月坪井信道の養子となった。福井藩主松平春岳の侍医兼藩校の教師,幕府の蕃書調所教授補を経て,元治1(1864)年幕府の奥医師,次いで法眼となった。明治7(1874)年12月東京府病院長に就任し,10年に退官。6年11月わが国で最初の医学雑誌『和蘭医事雑誌』を創刊し,8年12月までに43号を発刊した。訳書に『カンスタット内科書』『新薬百品考』がある。<参考文献>斎藤祥男『蘭医家坪井の系譜と芳治』

(深瀬泰旦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

坪井信良の関連キーワード坪井 正五郎坪井正五郎宇田川準一土岐頼徳熊沢善庵牧山修卿岡部養竹明治時代岩佐純杉亨二明道館検疫

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android