コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼明 とき よりあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼明 とき-よりあき

?-1348? 南北朝時代の武将。
土岐頼貞(よりさだ)の子。兄土岐頼遠(よりとお)の死後,惣領職(そうりょうしき)をつぐ。貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年1月高師直(こうの-もろなお)にしたがって楠木正行(まさつら)と河内(かわち)(大阪府)四条畷(しじょうなわて)でたたかい,討ち死にしたという。通称は弥十郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土岐頼明の関連キーワードデカメロンロレンツェッティ崇光天皇デカメロン楠木正時楠木正行楠木正時四條畷正法寺妙興寺

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone