コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼稔 とき よりとし

1件 の用語解説(土岐頼稔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼稔 とき-よりとし

1695-1744 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)8年2月6日生まれ。土岐頼殷(よりたか)の子。正徳(しょうとく)3年駿河(するが)(静岡県)田中藩主土岐家2代。奏者番,寺社奉行,大坂城代,京都所司代をへて,寛保(かんぽう)2年老中にすすむ。同年,上野(こうずけ)(群馬県)沼田藩主土岐家初代となった。3万5000石。延享元年9月12日死去。50歳。初名は頼俊。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土岐頼稔の関連キーワード延享安保理決議1695と1718カンプハイス桃林堂蝶麿起倒流鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱浮絵書店数減少

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone