コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼純 とき よりずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼純 とき-よりずみ

1499-1547 戦国時代の武将。
明応8年生まれ。土岐政房(まさふさ)の長男。美濃(みの)(岐阜県)守護だったが,大永(たいえい)7年斎藤道三(どうさん)と手をむすんだ弟の土岐頼芸(よりなり)に攻められ,越前(えちぜん)(福井県)の朝倉氏をたよったとされる。のち美濃大桑(おおが)城にはいるが,天文(てんぶん)16年11月17日病没。49歳。初名は政頼,盛頼。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土岐頼純の関連キーワード戦国時代

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android