コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土留(め) ツチドメ

デジタル大辞泉の解説

つち‐どめ【土留(め)】

瓦屋根の葺(ふ)き土が滑り落ちるのを防ぐために、土居(どい)または裏板に横に打ちつける幅の狭い木。土留め桟(ざん)。
山や土手の土砂崩れを防ぐために設ける柵(さく)や(くい)。山留めどどめ

ど‐どめ【土留(め)】

斜面の土砂が崩れ落ちるのを防ぐために柵などを設けること。また、その工作物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

土留(め)の関連キーワードとび・土工・コンクリート工事(建設業許可の一種)ウィーピングラブグラスクーロンの土圧公式エクステリア工事土留め桟・土留桟外海の石積み土留め・土留クロコスミアモンケ・ハン旧相模川橋脚堰板・関板登呂遺跡矢板工法治山治水排水孔堰板柵瓦屋根勾張り土留め土止め

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土留(め)の関連情報