土留(め)(読み)ツチドメ

デジタル大辞泉の解説

つち‐どめ【土留(め)】

瓦屋根の葺(ふ)き土が滑り落ちるのを防ぐために、土居(どい)または裏板に横に打ちつける幅の狭い木。土留め桟(ざん)。
山や土手土砂崩れを防ぐために設ける柵(さく)や(くい)。山留めどどめ

ど‐どめ【土留(め)】

斜面の土砂が崩れ落ちるのを防ぐために柵などを設けること。また、その工作物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

つち‐どめ【土留】

〘名〙 山・土手などの土砂が崩れ落ちるのを防ぐために設けたもの。やまどめ。どどめ。

ど‐どめ【土留】

〘名〙 土砂がくずれ落ちたり流されたりするのを防ぐための工事。また、そのもの。つちどめ。
※歌舞伎・有松染相撲浴衣(有馬猫騒動)(1880)序幕「前へ石橋を掛け裾通り一面溝際の地がすり、諸所へ土止(ドド)めの捨石」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android