土筆・筆頭菜(読み)つくし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 スギナの胞子茎。円柱状で葉緑素を欠き淡褐色、節には黒褐色の鞘(さや)がある。茎頂に筆の穂先に似た子嚢(しのう)穂をつける。早春、栄養茎に先だって地表にあらわれる。湯がいてあくを抜き、食用にする。つくづくし。つくしんぼう。つくしんぼ。→すぎな。《季・春》
※東寺百合文書‐に・文永三年(1266)一二月一四日丹波大山荘文書案「土筆一斗」
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉湘南雑筆「田の畔は土筆(ツクシ)、芹(せり)、薺(なずな)、嫁菜、野蒜(のびる)、蓬(よもぎ)なんど簇々として」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android