コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野蒜 ノビル

3件 の用語解説(野蒜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

の‐びる【野×蒜】

ユリ科の多年草。山野に生え、高さ約60センチ。全体にニラのようなにおいがする。球形の鱗茎(りんけい)から管状の葉を出し、夏、花茎の先に白紫色の花やその変化したむかごがつく。鱗茎や若葉を食用にする。ぬびる。ねびる。ひる。 春 花=夏》「引抜けば土塊(つちくれ)躍る―かな/みどり女」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のびる【野蒜】

ユリ科の多年草。路傍や畑地の縁に生える。ネギ属特有の臭気がある。春、茎はラッキョウに似た鱗茎りんけいから出て高さ約50センチメートルになり、線形の葉を少数つける。若葉と鱗茎は食用となる。夏、茎頂に小球芽と淡紅紫色の小花をつける。ヒル。ネビル。 [季] 春。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野蒜
のびる

宮城県中東部、東松島(ひがしまつしま)市の一地区。鳴瀬川河口右岸にあり、明治までは一寒村であったが、明治政府の東北開発の拠点として野蒜築港工事が推進された。1884年(明治17)の台風などで中止、廃港となった。野蒜海岸一帯は奥松島といわれる。JR仙石(せんせき)線野蒜駅がある。また、鳴瀬川河口と松島湾を結ぶ東名(とうな)運河が通じ、2004年(平成16)には洪水防止のための野蒜水門が完成した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野蒜の関連情報