コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉菜 スギナ

デジタル大辞泉の解説

すぎ‐な【杉菜】

トクサ科の多年生のシダ。地下茎が長くはい、早春に節からツクシとよばれる胞子茎を、次いで栄養茎を出す。栄養茎は緑色で、高さ10~30センチ、輪状に枝を出す。葉は退化し、鞘(さや)状。若い胞子茎は食用。北半球の温帯から寒帯に広く分布。 春》「すさまじや―ばかりの丘一つ/子規

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すぎな【杉菜】

トクサ目の夏緑性シダ植物。荒れ地・原野などに生える。地下に長く根茎を引き、早春、俗に「つくし」と呼ばれる胞子茎が出、のち栄養茎が出る。栄養茎は緑色で枝を輪生する。胞子茎は食用となり、栄養茎は利尿薬にする。漢名、問荊。 [季] 春。 「つくし誰の子-の子」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

杉菜 (スギナ)

学名:Equisetum arvense
植物。トクサ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

杉菜の関連キーワードトキワギョリュウ杉菜坊主土筆坊筆頭菜土筆花筆津花筆津草筆草土筆筆花

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉菜の関連情報