コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥大作 どひ だいさく

3件 の用語解説(土肥大作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土肥大作 どひ-だいさく

1837-1872 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)8年9月2日生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩士。江戸で昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。文久3年弟土肥七助(しちすけ)とともに脱藩,京都で諸藩の尊攘(そんじょう)派とまじわり,一時藩命で幽閉される。維新後,姫路県参事をへて新治(にいはり)県参事在任中の明治5年5月24日自殺。36歳。名は実光(さねみつ)。

土肥大作 どい-だいさく

どひ-だいさく

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土肥大作

没年:明治5.5.24(1872.6.29)
生年:天保8.9.2(1837.10.1)
幕末の讃岐丸亀藩(香川県)藩士。江戸に出て昌平黌に学び,帰藩後,藩校正明館に登用される。尊攘派志士と交流を深め,幕府の嫌疑を恐れた藩の命で慶応2(1866)年9月投獄されるが,明治1(1868)年4月,土佐藩兵の征討を受けるにおよび獄より出される。三河県判事を経て丸亀藩権大参事となり藩政改革を推進,同4年4月民部省出仕。帰国中の7月,改革に不満を持つ士族に襲われ負傷した。大蔵省出仕,飾磨県参事を経て,新治県参事在任中,任地の常陸土浦で自刃。「棺を蓋うて論定まると 此の言吾れ嘗て聞けり 精神は未だ尽きず 句に題して諸君に問わん」と辞世の詩にある。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土肥大作の関連キーワード尼崎りや岩谷光煕尾崎理左衛門小野斐郷勝田精兵衛苅山宗払三田義勝田岡凌雲土肥七助山崎俊家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone