土貢(読み)トコウ

精選版 日本国語大辞典の解説

と‐こう【土貢】

〘名〙 (「どこう」とも) みつぎものとして献上する土地の産物。田租として上納する産物。
※本朝文粋(1060頃)九・宇治別業即事詩序〈大江以言〉「只非風流之極其天然、亦有之任其土貢
※源平盛衰記(14C前)二八「東国・北国・西海運上の土貢(ドコウ)、悉く京都に通はざりければ」 〔漢書‐匈奴伝賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の土貢の言及

【年貢】より


【中世】
 荘園において田畠を耕作する者は,荘園領主に生産物の一部を貢納する義務をもっていた。この貢納物が年貢であるが,平安時代から鎌倉時代にかけては所当(しよとう)とか乃貢(のうぐ)あるいは土貢(どこう)などと呼ばれることも多かった。畠の年貢は地子(じし)と呼ばれている。…

※「土貢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android