圧力式温度計(読み)あつりょくしきおんどけい

世界大百科事典 第2版の解説

あつりょくしきおんどけい【圧力式温度計】

液体または気体圧力が温度によって変わることを利用した温度計。次の3種に分類されるが,そのうちの(1)(2)だけを圧力式温度計と呼ぶ場合もあり,その場合には,(3)を含めた全体を充満式温度計と呼ぶ。いずれも構造が簡単でじょうぶであり,記録計として利用する場合,電源を必要としないから便利で安全である。(1)感温部は液体(水銀ケロシンエチルアルコールなど)だけで充満されている,(2)感温部は気体(ヘリウムか窒素)だけで充満されている,(3)感温部はある物質(プロパン,トルエンエチルエーテルなど)の液体およびその蒸気で充満されており,飽和蒸気圧が液体と蒸気との境界面の温度で決まることを利用して温度を指示させる温度計で,測定できる温度の範囲は狭いが感度は一般に大である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android