コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧電性磁器 あつでんせいじき piezoelectric ceramics

1件 の用語解説(圧電性磁器の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あつでんせいじき【圧電性磁器 piezoelectric ceramics】

機械的振動と交流電場との交換を行う圧電性材料を,セラミックスで作ったもの。物質としては,PbZrO3とPbTiO3との固溶体(PZTと略称),あるいはPZTにPb(Mg1/3Nb1/3)O3,Pb(Mn1/3Sb1/3)O3,Pb(Co1/3Nb1/3)O3などを加えているものが多い。これらの固溶体の結晶構造はペロブスカイト(CaTiO3)型でありABO3と略記される。Aには大きいイオンであるPb2+,Ba2+,Sr2+,Ca2+などが入り,Bには小さいイオンであるTi4+,Zr4+,Hf4+,Mg2+,Nb5+,Mn2+,Sb5+,Co2+などが入るが,原子数の比がA:Bで1:1でありさえすれば同じ結晶を保てるから,所望の物性値に応じた組成の固溶体を選択・合成できる利点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

圧電性磁器の関連キーワードイオン交換樹脂交流電動機磁歪振動子水晶振動子チョークコイル交流電流代理交換充電器逆ピエゾ効果リスト・エクスチェンジ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone