コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧電性磁器 あつでんせいじきpiezoelectric ceramics

世界大百科事典 第2版の解説

あつでんせいじき【圧電性磁器 piezoelectric ceramics】

機械的振動と交流電場との交換を行う圧電性材料を,セラミックスで作ったもの。物質としては,PbZrO3とPbTiO3との固溶体(PZTと略称),あるいはPZTにPb(Mg1/3Nb1/3)O3,Pb(Mn1/3Sb1/3)O3,Pb(Co1/3Nb1/3)O3などを加えているものが多い。これらの固溶体の結晶構造はペロブスカイト(CaTiO3)型でありABO3と略記される。Aには大きいイオンであるPb2+,Ba2+,Sr2+,Ca2+などが入り,Bには小さいイオンであるTi4+,Zr4+,Hf4+,Mg2+,Nb5+,Mn2+,Sb5+,Co2+などが入るが,原子数の比がA:Bで1:1でありさえすれば同じ結晶を保てるから,所望の物性値に応じた組成の固溶体を選択・合成できる利点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

圧電性磁器の関連キーワードペロブスカイトPZT

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android