在俗僧(読み)ざいぞくそう

百科事典マイペディア「在俗僧」の解説

在俗僧【ざいぞくそう】

在家妻帯の仏教的修行者。僧形村落遊行(ゆぎょう)し,読経葬式に参加した。古代末〜中世には国家に保護されたため,困窮者・逃亡者などで在俗になるものも多かった。後には職業化したが,江戸時代には賤民(せんみん)化した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「在俗僧」の解説

ざいぞく‐そう【在俗僧】

剃髪はしているが、寺院に住まず、俗人と同じ生活をしている僧。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「在俗僧」の解説

ざいぞく‐そう【在俗僧】

〘名〙 剃髪しているが、妻子をもち、在俗の生活をしている僧。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android