コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圭立法〓(“王へん”に「巽」) けいりゅう ほうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

圭立法〓(“王へん”に「巽」) けいりゅう-ほうせん

1682-1757 江戸時代中期の僧。
天和(てんな)2年1月29日生まれ。曹洞(そうとう)信濃(しなの)(長野県)正安寺で出家。卍山(まんざん)道白,黄檗(おうばく)宗の千呆性侒(せんがい-しょうあん)らに師事し,量外頑器(がんき)の法をつぐ。享保(きょうほう)4年正安寺の住持となった。飲光(おんこう)が参禅したことで知られる。宝暦7年9月29日死去。76歳。信濃出身。俗姓は大日方。別号に大梅。著作に「大梅和尚夜話」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

圭立法〓(“王へん”に「巽」)の関連キーワード大梅法〓(“王へん”に「巽」)天和

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android