コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圭立法〓(“王へん”に「巽」) けいりゅう ほうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

圭立法〓(“王へん”に「巽」) けいりゅう-ほうせん

1682-1757 江戸時代中期の僧。
天和(てんな)2年1月29日生まれ。曹洞(そうとう)宗。信濃(しなの)(長野県)正安寺で出家。卍山(まんざん)道白,黄檗(おうばく)宗の千呆性侒(せんがい-しょうあん)らに師事し,量外頑器(がんき)の法をつぐ。享保(きょうほう)4年正安寺の住持となった。飲光(おんこう)が参禅したことで知られる。宝暦7年9月29日死去。76歳。信濃出身。俗姓は大日方。別号に大梅。著作に「大梅和尚夜話」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

圭立法〓(“王へん”に「巽」)の関連キーワードクライアープラッシーの戦白粒岩ロスバハの戦い村山伝兵衛ロシア美術増田与兵衛鉄眼浮世草子楠流

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone