コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圭角 ケイカク

デジタル大辞泉の解説

けい‐かく【×圭角】

《「」はの意》
玉(ぎょく)のとがったところ。玉のかど。
性格や言動にかどがあって、円満でないこと。
「世の中の辛酸を嘗めつくして、其(その)―がなくなって」〈花袋田舎教師

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいかく【圭角】

〔「圭」は玉の意〕
玉にあるかど。転じて、性質や言動にかどがあって、円満でないさま。
[句項目] 圭角がとれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android