コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けいgui

翻訳|gui

5件 の用語解説(圭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


けい
gui

中国古代の玉器の一種で,権威を象徴した。上方がとがった短冊形を呈し,半圭のものを璋と呼んでいる。圭の形は先史時代有孔石斧から発達したといわれるが,確かではない。殷代鄭州期および安陽期には,圭,璋に属する玉器が発見されているが,斧形あるいは戈形のものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けい【×圭】

古代中国の玉器の一。長方形板状で先はとがり、天子が諸侯を封じた際にしるしとして与え、また、祭祀(さいし)に用いた。

けい【圭】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ケイ(漢)
先端が三角になった玉器。「玉圭」
圭の形をしたもの。「圭角土圭刀圭
[名のり]か・かど・きよ・きよし・たま・よし
[難読]圭冠(はしはこうぶり)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けい【圭 guī】

上がピラミッド形で下方が角柱状の玉器。古代中国で天子が諸侯を封ずるとき,信任のしるしとして与えたもので,周代から行われていた。公は桓圭(かんけい),侯は信圭,伯は躳圭(きゆうけい),子は穀璧(こくへき),男は蒲璧(ほへき)の5段階があり,公・侯・伯が圭であった。また,圭は祭祀や朝廷の招待などにも用いられた。【杉本 正年】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【玉器】より

…玉製の斧,(へき),琮(そう)がそれである。玉製の斧は後にも長く作られ,前3世紀ころまで伝統が続き,前1千年紀末の古典中で琬圭(えんけい)と呼ばれるにいたる。璧は当時天体をかたどったと推測すべきふしがあり,琮は四隅に天神を表した人面を刻む。…

※「圭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

圭の関連情報