コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地下家伝 じげかでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地下家伝
じげかでん

六位以下の下級官人,地下 (じげ) の者の家伝 (家督を継いだ者の出自と経歴) を集めたもの。写本 33冊。三上景文 (1789~?) の編。地下の家伝を中心に,親王家や五摂家をはじめとする公家衆,諸門跡家の諸大夫侍,東西両本願寺,仏光寺の坊官や院家候人の家伝と,三上家の家伝を収めている。付録に家伝調査の沿革と諸家格式を載せる。天保 13 (1842) 年から編集を始め同 15年に完成。集めた家伝は,文化初年 (04~05) 頃すでにそれぞれの家から書出されていた家伝を利用したものらしい。律令体制崩壊後の下級官人の官歴を調査することは,今日では不可能に近いことから貴重な史料となっている。『日本古典全集』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地下家伝
じげかでん

新清和院(しんせいわいん)(光格(こうかく)天皇中宮)北面の侍、三上景文(みかみかげふみ)の編纂(へんさん)になる地下の家譜集成。33巻。1842年(天保13)9月に着手し、44年5月に完成。巻1の六位蔵人(くろうど)から始まり、巻20までが六位の地下官人の、巻21より巻32までが諸公家(くげ)、四親王家、諸門跡(もんぜき)などの諸大夫(しょたいふ)・侍(さむらい)・坊官候人(こうにん)の略歴を家ごとに掲げてあり、最終巻に編者の秦(はた)氏三上氏の家譜を載せる。書き継ぎされて、安政(あんせい)年間(1854~60)に及ぶ。刊本は『日本古典全集』(第6期)に収録。[橋本政宣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

地下家伝の関連キーワード安倍季尚下間少進真継家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android