コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地割(り)制度 ジワリセイド

デジタル大辞泉の解説

じわり‐せいど〔ヂわり‐〕【地割(り)制度】

ある一定土地共有とし、一定期間を限ってその土地の住民に割り当てて使用させ、期間が過ぎると割り当てなおした制度。割り替え。割り地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

地割制度【じわりせいど】

割地・地割

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の地割(り)制度の言及

【沖縄[県]】より

… 奈良原県政の1899年から1903年にかけて,〈土地整理〉が実施された。これは沖縄社会の一大変革で,古琉球以来つづいた地割制度が廃止され,土地の私的所有権が認められた。かくして村落共同体社会の秩序は,上から資本制的社会に改変させられていった。…

※「地割(り)制度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地割(り)制度の関連キーワード田村 浩久高島田村浩田分け散村地割割地

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android