コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割地 ワリチ

デジタル大辞泉の解説

わり‐ち【割地】

区分した土地。
江戸時代、一村の耕作地を一定期間ごとに分割して村民に割り当て、期間が来ると割り当てなおす習慣。年貢負担の均等化などのために行われた。地割り。割り替え。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わりち【割地】

区分した土地。
江戸時代、一定期間土地を分割して村民に割り当て、その期間が過ぎると割り当てをやりなおす方法。地割り。割替。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

割地
わりじ

地割」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の割地の言及

【門割制度】より

…薩摩藩全般に施行された強制割地制度。名称の初見は1197年(建久8)の《大隅国図田帳》所載姶良(あいら)庄の元吉門であるが,その性格は未詳。…

※「割地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

割地の関連キーワードクレオメネス[3世]サファーニーヤ油田エージェント支配古典古代的共同体ボナパルティスムエンクロージャーボナパルティズム日比谷焼打事件ポーツマス条約植民地再分割シュメール穀草式農業分割地所有クレーロスカフジ油田割地・地割分割地農民ワフラ油田門割制度土地所有

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

割地の関連情報