地方分与税(読み)ちほうぶんよぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方分与税
ちほうぶんよぜい

地方財政調整を目的とする財政資金の一つ。アメリカでは早くから諸州で実施されていたが,日本では 1936年の臨時町村財政補給金が発展し 40年に確立した。国税として徴収した地租営業税家屋税の3税を,徴収地の所在する都道府県に全額還付する還付税と,地方公共団体の財政能力に応じて国税の一部を配付する配付税とがあった。 48年廃止されたが,一部は地方配付税と改称され 50年まで存続した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の地方分与税の言及

【地方交付税】より

…税という名称になっているが,本来の意味の租税ではない。 この種の制度の原型は,1940年に創設された地方分与税制度における配付税にみることができる。それは,国税である所得税,法人税,入場税,遊興飲食税の収入の一定割合を,課税力と割増人口という二つの別個の基準に従って配分するものであった。…

※「地方分与税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android