コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方配付税 ちほうはいふぜい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方配付税
ちほうはいふぜい

日本における地方財政調整を目的とする財政資金の一つで,1948年地方配付税法 (昭和 23年法律 111号) により地方分与税を修正し改称したもの。特定の国税収入の一定割合を府県および市町村で折半し,財政収入や財政需要などを勘案したうえ各地方団体に配付した。 50年にはシャウプ勧告により地方財政平衡交付金に発展解消した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちほう‐はいふぜい〔チハウ‐〕【地方配付税】

配付税

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

地方配付税の関連キーワード三好 重夫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android