コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球の構造 ちきゅうのこうぞうstructure of earth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地球の構造
ちきゅうのこうぞう
structure of earth

地球の内部構造は地震波の伝播を研究することによって調べられる。その結果,地震波の伝播する速度が急に変化するところを境にして,表面から地殻マントル (コア) に分けられる。地殻とマントルの境界にモホロビチッチ不連続面 Mohorovičić discontinuityがあり,マントルと核との境界はグーテンベルク不連続面 Gutenberg discontinuityがある。地殻の厚さは地域によって異なっているが,大陸下では 30~60km,大洋下では約 5kmである。マントルは地殻の底から約 2900kmの深さまである。マントルの大部分は固体状態にあるが,深さ約 80~200kmの領域では部分的に融解している可能性が大きい。この部分は低速度層と呼ばれ,この層より上のマントルと地殻を合せてリソスフェア (岩石圏) と呼ばれることが多い。核は外核と内核に分けられる。その境界は深さ 5100km (中心から約 1250km) にあり,外核は溶けた金属鉄,内核は固体の金属鉄であると考えられる。マントルと核の境界の圧力は 140万気圧,地球中心の圧力は約 350万気圧である。温度は不確定性が大きいが,マントル・核境界で 4000℃,地球中心で約 6000℃と推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

地球の構造の関連キーワード荷重変成作用海底地形地質学

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地球の構造の関連情報