地球外知的生命体探査(読み)ちきゅうがいちてきせいめいたいたんさ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地球外知的生命体探査
ちきゅうがいちてきせいめいたいたんさ

地球外知的生命体(宇宙人)を探す活動。いわゆる宇宙人探し。英語表記search for extra-terrestrial intelligenceの頭文字を並べてSETI(セチ)と略称される。1959年のコッコーニGiuseppe Cocconi(1914―2008)とモリソンPhilip Morrison(1915―2005)が「星間交信の探索」という論文で宇宙人同士が宇宙によくある中性水素原子の波長21センチメートルの電波を使った通信をしている可能性とその検出法を提案したのが始まりである。これを受けてドレイクの方程式で有名なドレイクFrank Drake(1930― )らが1960年、アメリカの26メートル電波望遠鏡を使ったオズマ計画を実施した。この計画では太陽近傍の太陽によく似た二つの恒星(エリダヌス座ε(イプシロン)星、くじら座τ(タウ)星)に電波望遠鏡を向けて波長21センチメートルの電波を受信したが、有意な信号を得る事はできなかった。その後セーガンCarl Segan(1934―1996)により1977年にプエルトリコのアレシボ天文台の300メートル電波望遠鏡から2万5100光年先のM13へメッセージを送信した(ただM13の宇宙人がメッセージを受けてすぐ返事を送っても地球に到着するのは往復で約5万年後になる)。1977年に打ち上げられた惑星探査機ボイジャーには地球の音や映像を収めたレコード盤が積まれた(2011年現在、ボイジャーは太陽系外縁を飛行中、将来宇宙人に拾われ解読されることが期待されている)。2011年現在、アメリカのカリフォルニアでSETI協会によるSETI専門電波望遠鏡が建設中である(一部運用中)。またアレシボ天文台の電波望遠鏡で受信したデータをインターネットを通じて世界中のコンピュータの空き時間を使って解析する「SETI@home(セチアットホーム)」プロジェクトも有名である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android