コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球照 ちきゅうしょうearthshine

翻訳|earthshine

5件 の用語解説(地球照の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地球照
ちきゅうしょう
earthshine

三日月の暗い部分に,地球からの太陽光の反射が届いてかすかに明るく認められる現象。極端なときには暗い部分全面がほの明るく,円形に認められる。三日月のとき,月から見た地球は満月状で,地球から見た満月よりも十数倍も明るい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちきゅう‐しょう〔チキウセウ〕【地球照】

新月の前後、月の欠けて見える部分が、地球から反射した太陽光に照らされて薄明るく見える現象。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちきゅうしょう【地球照 earthshine】

新月前後の数日間,月の細く光った部分以外の暗い面が,淡いながらかなりはっきりと見える。これは地球に反射された太陽光が月面を照らしているもので,地球照という。新月のころは,地球の太陽に照らされた面が,ほぼ月のほうに向いている。地球のアルベドや大きさは月より大きいので,このとき地球は,満月の約90倍の明るさで月面を照らしている。半月に近くなると地球照は見えなくなる。【田鍋 浩義】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地球照
ちきゅうしょう
earthshine

新月の前後に、月の暗い部分が少し明るく見える現象。太陽光が地球により反射され、それが月に当たり、再度月により反射されて地球に届いて見えることによって生じる。地球からの反射光で照らされて見えるので地球照とよばれる。新月のころが一番明るくなるが、新月と太陽がほぼ同じ方向なので見えにくい。肉眼でよく見えるのは新月の前後、月齢27から新月を通り、次の月齢3(三日月)のころの細い月の暗い部分である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地球照の関連情報