明るい(読み)アカルイ

  • あかる・い

デジタル大辞泉の解説

[形][文]あかる・し[ク]
光が十分にあり、また光が強く差して、物がよく見える状態である。「―・い月」「東の空が―・くなってきた」⇔暗い
将来などに希望や喜びがもてる状態である。「―・い未来」「見通しが―・い」⇔暗い
性格や表情・雰囲気などが朗らかである。陽気だ。明朗だ。「―・い人柄」「―・い職場」⇔暗い
公明正大で後ろ暗いところがない。「―・い政治」⇔暗い
色が澄んで華やかである。「―・い青」⇔暗い
(「…にあかるい」の形で)その物事・方面によく通じている。経験が豊富だ。「この辺の地理に―・い」「コンピューターに―・い人」⇔暗い
[派生]あかるさ[名]あかるみ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明るいの関連情報