コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地理的こう配(地理的勾配) ちりてきこうばいgeocline

1件 の用語解説(地理的こう配(地理的勾配)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちりてきこうばい【地理的こう配(地理的勾配) geocline】

J.S.ハクスリー(1938)によって提唱された形質の連続変化を意味するこう配clineの一つで,生物の種内または種間変異が地理的な場所により少しずつ異なり,ある形質を測定すると一定方向に連続的な変化を示す現象をいう。日本列島でも,北から南へいくにつれて連続的に変化する多くの例が知られている。ブナ,マイヅルソウなどの葉の大きさ,多くの植物で見られる日長反応の程度,ナミテントウの斑紋に関与する遺伝子の頻度などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

地理的こう配(地理的勾配)の関連キーワード珪藻土直木賞歴史小説近衛声明芥川賞亡命文学麦と兵隊イノニュ尾崎秀実カリーニン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone