コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地理的こう配(地理的勾配) ちりてきこうばいgeocline

世界大百科事典 第2版の解説

ちりてきこうばい【地理的こう配(地理的勾配) geocline】

J.S.ハクスリー(1938)によって提唱された形質の連続変化を意味するこう配clineの一つで,生物の種内または種間変異が地理的な場所により少しずつ異なり,ある形質を測定すると一定方向に連続的な変化を示す現象をいう。日本列島でも,北から南へいくにつれて連続的に変化する多くの例が知られている。ブナ,マイヅルソウなどの葉の大きさ,多くの植物で見られる日長反応の程度,ナミテントウ斑紋に関与する遺伝子の頻度などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地理的こう配(地理的勾配)の関連キーワードマキノ雅広久松静児バッジ稲垣浩清水宏田坂具隆山本嘉次郎珪藻土ホロコーストカルネ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android