コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地理的こう配(地理的勾配) ちりてきこうばい geocline

1件 の用語解説(地理的こう配(地理的勾配)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちりてきこうばい【地理的こう配(地理的勾配) geocline】

J.S.ハクスリー(1938)によって提唱された形質の連続変化を意味するこう配clineの一つで,生物の種内または種間変異が地理的な場所により少しずつ異なり,ある形質を測定すると一定方向に連続的な変化を示す現象をいう。日本列島でも,北から南へいくにつれて連続的に変化する多くの例が知られている。ブナ,マイヅルソウなどの葉の大きさ,多くの植物で見られる日長反応の程度,ナミテントウの斑紋に関与する遺伝子の頻度などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地理的こう配(地理的勾配)の関連キーワードワックス滑り説ハックスリーパフスリーブプレスリマークスくすり掏替えられた顔巨勢薬スリーシックスティスリーシクスティ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone