コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地理的こう配(地理的勾配) ちりてきこうばいgeocline

世界大百科事典 第2版の解説

ちりてきこうばい【地理的こう配(地理的勾配) geocline】

J.S.ハクスリー(1938)によって提唱された形質の連続変化を意味するこう配clineの一つで,生物の種内または種間変異が地理的な場所により少しずつ異なり,ある形質を測定すると一定方向に連続的な変化を示す現象をいう。日本列島でも,北から南へいくにつれて連続的に変化する多くの例が知られている。ブナ,マイヅルソウなどの葉の大きさ,多くの植物で見られる日長反応の程度,ナミテントウ斑紋に関与する遺伝子の頻度などである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android