コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震前兆現象 じしんぜんちょうげんしょう earthquake precursor

1件 の用語解説(地震前兆現象の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

地震前兆現象

地震の前触れとなる現象。地震ごとに現れ方が違う。(1)地震活動の異常(前震、地震空白域の出現など)、(2)地震波の速度や減衰の変化、(3)ひずみ計・傾斜計・検潮器などに記録される異常地殻変動、(4)光波測量、水準測量GPSによる測定で2地点間の距離や高度差の変化として現れる異常地殻変動、(5)地磁気、地電位、地下の電気抵抗などの異常変化、(6)異常電磁波の放射、(7)地下水の湧出量、水位、水温、化学的成分の異常変化、地下ガスの異常、(8)動物の異常行動、発光現象など。前兆と似た現象があっても、その後何も起こらないことが多く、事前に前兆と判定するのは容易ではない。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地震前兆現象の関連キーワード地震空白域地震断層前震プレート間地震地割れ地震の間小地震中地震有感地震基準地震動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone