コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震約款 じしんやっかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地震約款
じしんやっかん

保険者が地震による損害につき填補責任を負わない旨を定めた約款。商法は火災保険につき,火災によって生じた損害はその原因のいかんを問わず保険者に填補責任がある旨規定している (665条) が,火災保険普通保険約款は地震による火災損害につき保険者が免責される旨の条項を設けている。 1923年の関東大震災に際し,この地震約款の効力が問題となったが,保険事業としてかかる非常損害に対する免責を認めるのは当然であるとして,裁判所の判例,学説上も有効であると解している。なお新潟地震を契機に地震危険担保特約条項を入れた「地震保険」が 66年以来行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じしんやっかん【地震約款】

火災保険の保険者が、地震を原因とする損害については保険金の支払いをしない旨を定めた約款。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

地震約款の関連キーワード支払い保険金

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android