地骨皮(読み)ジコッピ

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

じこっぴ【地骨皮】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ナス科クコ根皮(こんぴ)を乾燥したもの。消炎解熱強壮などの作用がある。尿道炎膀胱(ぼうこう)炎に効く清心蓮子飲(せいしんれんしいん)咳(せき)を鎮め、痰(たん)を切る滋陰至宝湯(じいんしほうとう)などに含まれる。果実は枸杞子(くこし)、葉を枸杞葉(よう)という。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じこっぴ【地骨皮】

クコの根の皮を乾燥した生薬。滋養・強壮・解熱などの目的に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の地骨皮の言及

【クコ(枸杞)】より

…日本から朝鮮・中国・台湾に分布する。葉を枸杞葉(くこよう),果実を枸杞子,根の皮を地骨皮(じこつぴ)という。いずれもベタインbetaineを含み,強壮薬として葉は枸杞茶に,果実は他の生薬と配合して高血圧,めまい,肝臓疾患,貧血,腰ひざの疼痛(とうつう)などの治療に用い,一方,地骨皮も他の生薬と配合して解熱強壮薬として,咳嗽(がいそう),吐血,多汗などの療法に応用される。…

※「地骨皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android