コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地骨皮 ジコッピ

4件 の用語解説(地骨皮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じ‐こっぴ〔ヂ‐〕【地骨皮】

クコの根皮。漢方で清涼・強壮・解熱薬などに用いる。枸杞皮(くこひ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

じこっぴ【地骨皮】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ナス科クコ根皮(こんぴ)を乾燥したもの。消炎解熱強壮などの作用がある。尿道炎膀胱(ぼうこう)炎に効く清心蓮子飲(せいしんれんしいん)咳(せき)を鎮め、痰(たん)を切る滋陰至宝湯(じいんしほうとう)などに含まれる。果実は枸杞子(くこし)、葉を枸杞葉(よう)という。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じこっぴ【地骨皮】

クコの根の皮を乾燥した生薬。滋養・強壮・解熱などの目的に用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の地骨皮の言及

【クコ(枸杞)】より

…日本から朝鮮・中国・台湾に分布する。葉を枸杞葉(くこよう),果実を枸杞子,根の皮を地骨皮(じこつぴ)という。いずれもベタインbetaineを含み,強壮薬として葉は枸杞茶に,果実は他の生薬と配合して高血圧,めまい,肝臓疾患,貧血,腰ひざの疼痛(とうつう)などの治療に用い,一方,地骨皮も他の生薬と配合して解熱強壮薬として,咳嗽(がいそう),吐血,多汗などの療法に応用される。…

※「地骨皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地骨皮の関連情報