コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滋陰至宝湯 じいんしほうとう

1件 の用語解説(滋陰至宝湯の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

じいんしほうとう【滋陰至宝湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)当帰(とうき)芍薬(しゃくやく)茯苓(ぶくりょう)朮(じゅつ)陳皮(ちんぴ)麦門冬(ばくもんどう)香附子(こうぶし)地骨皮(じこっぴ)貝母(ばいも)柴胡(さいこ)知母(ちも)甘草(かんぞう)薄荷(はっか)などを含む。明(みん)代の医学書『万病回春(まんびょうかいしゅん)』などに処方が示されている。咳(せき)を鎮め、痰(たん)を切るのに用い、食欲不振、倦怠(けんたい)感といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。体力の弱っている人がおもな対象。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滋陰至宝湯の関連情報