コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滋陰至宝湯 じいんしほうとう

1件 の用語解説(滋陰至宝湯の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

じいんしほうとう【滋陰至宝湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)当帰(とうき)芍薬(しゃくやく)茯苓(ぶくりょう)朮(じゅつ)陳皮(ちんぴ)麦門冬(ばくもんどう)香附子(こうぶし)地骨皮(じこっぴ)貝母(ばいも)柴胡(さいこ)知母(ちも)甘草(かんぞう)薄荷(はっか)などを含む。明(みん)代の医学書『万病回春(まんびょうかいしゅん)』などに処方が示されている。咳(せき)を鎮め、痰(たん)を切るのに用い、食欲不振、倦怠(けんたい)感といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。体力の弱っている人がおもな対象。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滋陰至宝湯の関連キーワード漢方薬生薬和漢薬漢薬薬酒草薬方薬和薬上薬処方薬

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滋陰至宝湯の関連情報