コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滋陰至宝湯 じいんしほうとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

じいんしほうとう【滋陰至宝湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)当帰(とうき)芍薬(しゃくやく)茯苓(ぶくりょう)朮(じゅつ)陳皮(ちんぴ)麦門冬(ばくもんどう)香附子(こうぶし)地骨皮(じこっぴ)貝母(ばいも)柴胡(さいこ)知母(ちも)甘草(かんぞう)薄荷(はっか)などを含む。明(みん)代の医学書『万病回春(まんびょうかいしゅん)』などに処方が示されている。咳(せき)を鎮め、痰(たん)を切るのに用い、食欲不振、倦怠(けんたい)感といった症状をともなうとき、とくに有効とされる。体力の弱っている人がおもな対象。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android