コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂合部石布 さかいべの いわしき

1件 の用語解説(坂合部石布の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂合部石布 さかいべの-いわしき

?-659 飛鳥(あすか)時代の官吏。
斉明天皇2年(656)遣高麗副使となる。5年遣唐大使として,唐(中国)にむかう途中,百済(くだら)(朝鮮)の南で遭難,漂着した南海の島で島民に殺された。同船の坂合部稲積ら5人は難をのがれ唐にわたる。天平宝字(てんぴょうほうじ)元年功田6haが子にあたえられた。名は石敷,磐鍬(いわすき)とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂合部石布の関連キーワード空き家軒数の増大本殿と遷宮賀知章トーゴ穆公北史阿倍広庭伊吉博徳紀麻呂藤原不比等

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone