坂本直行(読み)さかもと なおゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本直行 さかもと-なおゆき

1906-1982 昭和時代の画家,随筆家。
明治39年7月26日生まれ。坂本直寛の孫。十勝原野に入植し,昭和17年「開墾の記」を出版。酪農経営のかたわら,郷里北海道の山々や四季折々の自然を絵や文章にあらわした。昭和57年5月2日死去。75歳。北海道帝大卒。作品に油彩「十勝大平原と日高連峰」,随筆「私の草木漫筆」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android