コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本直寛 さかもと なおひろ

3件 の用語解説(坂本直寛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本直寛 さかもと-なおひろ

1853-1911 明治時代の自由民権運動家,牧師。
嘉永(かえい)6年10月5日生まれ。高松順蔵の次男。母は坂本竜馬の姉千鶴。竜馬の兄直方の養子となる。立志学舎にまなび,明治14年立志社の「日本憲法見込案」起草委員となる。のち北海道で開拓や伝道につとめた。明治44年9月6日死去。59歳。土佐(高知県)出身。幼名は習吉,のち南海男(なみお)。筆名は才谷梅次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂本直寛

没年:明治44.9.6(1911)
生年:嘉永6.10.5(1853.11.5)
明治期の民権運動家。通称は南海男,号は無外。土佐国(高知県)安芸郡の郷士高松順蔵の次男。母千鶴は坂本竜馬の長姉。伯父坂本権平の養子になる。英学を志し立志学舎に学ぶ。自由民権時代に至り,馬場辰猪,植木枝盛らに伍して活発な言論活動を展開,明治17(1884)年高知県会議員,翌年キリスト教に受洗。20年三大事件建白運動に参加,保安条例に触れて入獄。26年まで県会議員だったが宗教活動に重点を移し,29年北海道に移住,北光社を組織してもっぱらキリスト教布教と開墾活動に従事,キリスト教系新聞『北辰日報』主筆も勤めた。札幌で死去。<参考文献>土居晴夫編『坂本直寛著作集』全3巻(土佐群書集成23・24・45号)。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂本直寛
さかもとなおひろ
(1853―1911)

明治期の宗教家。坂本龍馬(りょうま)の甥(おい)。嘉永(かえい)6年10月5日、土佐(とさ)藩の郷士高松家に生まれる。のち坂本家の養子となり南海男(なみお)と改める。植木枝盛(えもり)らと自由民権運動に活躍し、1884年(明治17)高知県会議員に当選。同年直寛と改名した。翌85年洗礼を受け、政治活動のほか伝道活動にも尽力。保安条例で入獄後、信仰による新天地の開拓を意図し、96年北光社(ほっこうしゃ)を組織して北海道に渡り、北見(きたみ)国訓子府(くんねっぷ)原野に移住。1902年(明治35)札幌のキリスト教系紙『北辰(ほくしん)日報』主筆、日本基督(キリスト)教会旭川(あさひかわ)講義所伝道師を歴任、以後も道内の応援伝道を続けた。明治44年9月6日札幌で死去。[桑原真人]
『土居晴夫編『坂本直寛著作集』全3巻(1970・高知市立市民図書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂本直寛の関連キーワード自由民権運動自由民権論楠瀬喜多石坂昌孝平良新助武市安哉戸田欽堂野手一郎湊省太郎若生精一郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂本直寛の関連情報