コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂東大吉 ばんどう だいきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂東大吉 ばんどう-だいきち

1767-1843 江戸時代後期の歌舞伎役者。
明和4年生まれ。3代坂東三津五郎の門弟。敵役から道外方(どうけがた)に転じ,江戸の舞台で大谷徳次以来の名道外といわれた。まじめなおどけで人気を得,幡随(ばんずい)長兵衛の家主のせりふ「ハテようござへす」で大当たりをとった。庄屋,家主の役を得意とした。天保(てんぽう)14年4月15日死去。77歳。通称は坂大(ばんだい)。俳名は大器。屋号は大和屋。
【格言など】下手は下手なりながなが勤めければ人の身もかくはありたし尾張茄子(をはりなす)(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

坂東大吉の関連キーワード道外方

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android