コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坊城俊実 ぼうじょう としざね

1件 の用語解説(坊城俊実の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坊城俊実 ぼうじょう-としざね

1296-1350 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
永仁(えいにん)4年生まれ。藤原定資(さだすけ)の子。坊城家の祖。文保(ぶんぽ)2年参議となり,大嘗会検校(だいじょうえけんぎょう)・造東大寺長官を兼任した。元弘(げんこう)の乱で光厳(こうごん)天皇が即位すると,重用され権(ごんの)中納言にすすむ。近江(おうみ)(滋賀県)番場宿で六波羅(ろくはら)探題の軍がほろび,天皇が捕らえられると出家。貞和(じょうわ)6=正平(しょうへい)5年2月23日死去。55歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

坊城俊実の関連キーワード世尊寺伊俊南北朝時代兼光向阿吉野朝時代兼次(2)周豪末兼明照尼良阿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone